花と緑に溢れる都心のオアシス 木ノ葉画廊

個展やグループ展、海外開催の「日本体験展」にも作品出展

木ノ葉画廊は、創業1884年株式会社木屋の100周年を記念して1984年に開廊。
多くのアーティストが巣立ってゆきました。
取扱作家には、高森 登志夫・鎌滝 由美・大西 靖子・西 誠人・谷内 正遠など、自然や生きものを創作の基礎におく作家が多い。

個展・グループ展の作品から海外で開催する「日本体験展」に出品を推選します。
国内のみならず海外へも作品出展が可能です。

画廊は1階にあり、バリアフリー設計となってますので、車椅子の方・補助犬同伴の方も楽に入れます。

画廊紹介ページへ

新着情報

2015/06/07

アジサイの青、のうぜんかずらの朱、画廊の庭は夏色です。 尾崎ユタカ銅版画展ーてのひらの宇宙ー
 6月7日~10日(水)てのひらにのるような
 小さな版画は見る人を画面の奥へひきこんでゆくようです。 1mmに20本の線を銅板に刻むという超人的
 テクニックの極細密版画をこの機会にぜひごらんください。富士吉田市在住の作家にとって庭のような富士の
風景、能、剣道、など日本の伝統文化をその精神性に迫り、描いています。版画シート価格は14000円より。外国へのプレゼントにもよろこばれます。

  

 

 応募情報 ボタニカルアートカレンダー2016
に掲載する植物画を募集。ぜひお送りください。


  
 

 

 
 
 
 、
 

 
 

春いっぱいの画廊です。どうぞいらしてね。
 
 
 
 
 

  画廊まで予約をどうぞ、 
 
 
 
 

 どうぞお寄りください。
 
 
 12カ月花のカレンダー ¥800割引
(.まだ少し
あります。 




 
 
。四季の花や実を描いたポストカードにもなる
カレンダーはセンスあるプレゼントに最適。
 ボタニカルアートは植物の知識とアートのセンスの結びつき、それに加えて長年のテクニックの習得でこれほどの精緻な絵画ができあがります。驚異の細密画が目近かに視られます。
 カレンダー1冊 ¥1080 発売中。
  
 


画廊の庭では、ひめりんごの実が赤らんできました。
ヒヨドリたちの朝食会はにぎやかです。

 
 会場では植物画の水彩原画がみられます。カレンダー
やボタニカルアートの技法書も販売しています。
 。







年賀状やカレンダーがそろそろ気になる季節。
 木ノ葉画廊の花のカレンダーも発売中です。
 文化の日に、中村きよ人形作品展 11月3日~8日
 伝統工芸作家の木目込み人形作品。86歳記念の
 驚異的な精緻な技法と詩情あふれる人形たちの情景。
ぜひごらんください。
 作品募集情報。羊の絵、版画、絵本、布バック、など。 締切り、11月15日。



 画廊の庭も華やかな夏の花は去り、ゲンノショウコの
ピンク、えのころぐさ、赤まんま、野草が足元を飾っています。
 杉山元次木版画展、9月18日~28日(日)23日
休み。88歳米寿記念展です。45年間仕事のかたわら
続けてきた木版画は数百点に。隅田川、築地魚市場。
セーヌ川、ベネチア、など水の流れを描いた木版画です。こころ安らぐ版画展にぜひどうぞ。
 


 

 

透明水彩の淡い軽やかな色調、ガッシュ(不透明水彩)、パステルや色鉛筆の併用など水彩画にも様々な技法があります。日本や外国在住作家たちの作品がみられ
ます。 
 画廊の庭にも青い紫陽花が咲き色どりが美しくなるころには花盗人に折られてしまい、残酷です。、


オレンジのノウゼンカズラの花と青いあじさいが深い緑のなかに点在しています。自然の色彩感覚はすばらしいですね。 6月9日~18日 菅谷文雄展 ガッシュの水彩画
が見られます。ガッシュの技法を20年にわたって研鑽
してきた画家です。日本ではガッシュの絵を専門に描く画家は希少価値です。深い黒を塗り込めた空間に木の根っこ、枯れた紫陽花などが浮かび上がってきます。
驚異の細密写実画です。必見の価値あり。。
紫陽花が画廊の庭に咲きはじめました。時計草が紫の文字盤をさかせています。            
 6月2日~7日 藤田和実展 油彩画、100号の大作です。詩と絵をアレンジしたメルヘンの世界。あなたもフジタワールドに迷いこんでみたら。      
 画廊ビルにオフイスを。 6F.7Fに空き室
あります。OA向き床仕様。三方向に窓、明るいオフイスです。休憩時間にはアートに触れてリフレッシュ。地下には台湾料理レストランもあります。お問い合わせは
 木ノ葉画廊までどうぞ。                                      大樹は折れ、伐採して少し軽やしまいました。でもみどりはあふれている5月です。29回目をむかえた、みどりの地球展。
  5月12日~24日 18日休み。
 この惑星のゆくえをテーマに、アーサービナ―ドの
英訳詩、福島の記録写真、アーチストたちの心を伝える
油彩画、版画、など。13日(火)5:30~7:30
 アーチストを囲んでみんなで語り合おう、原発のこと
自然環境のこと、など、みんな来てね。

 日本の現代版画の流れの一端をみていただけるでしょう。 4月10日~26日 20日休み。
 画廊開廊の頃活躍していらした版画家で故人となられた作家も増えました。でも遺された作品は若い活力を
 みなぎらせて今も生きています。版画は無限の可能性を持つていますね。、
 突然の悲報に心をしめつけられました。門坂流さんが
4月3日逝去されました。心よりお悔やみ申し上げます。画廊に今出品されているハナ二ラの鉛筆画を懐かしく見ています。かけがえのない画家でした。






 2月17日(月)~22日(土)小川幸一版画展
 小川さんは福岡在住、東京での個展にむけて、記録的豪雪の中福岡から成田空港に無事到着。雄大な版画です。作家は会期中、東京の会場にも来ています。版画を見ながら作家と語りあってみませんか?
語り合ってみましょう。ぜひいらしてくださいね。








21日までやってます。500円のミニサンタ、ほっこり手やきのマグ、アルパカのセーターがなんと10000円からありますよ。プレゼント探しに悩んでいる方、木ノ葉画廊
へどうぞ。手作り一点ものばかり。早いもの勝ち。  新年のお支度ならくわはらひろこ描く午の祝い箸、花のカレンダーをゲット。楽しくショッピング。                                                                                急に寒くなるとヒメリンゴの青い実が赤い衣装に変身。鳥たちの御馳走もおいしくなってくるのでしょう。さえずりが賑やかになってきました。       
画廊では11月15日~30日 17日休み。ボタニカルアート カレンダー原画展が、はじまりました。   12人の植物画家達が描いた精緻な植物画がみられます。来年の花のカレンダーも発売中。秋の一日花の絵 に囲まれてすごしてみませんか?        


た。画廊の庭にもまだ緑のヒメリンゴがコロコロと落ちています。ウィンからのアーチストエリックさんが日本を去ると11月1日からはニューヨークから
カズコ ストーンさんがやってきます。カズコさんは
ニューヨーク在住40年を超える絵本作家。絵本原画も見られますが、新しい試みの「文字絵」が楽しみです。 文字絵ってなーに?ぜひ見に来てくださいね。     
台風の風は金木犀のオレンジをひとつ残らず流し、画廊の庭はオレンジのカーペット。10月21日~26日
 ウインのアーチスト、エリック ノボセルと佐藤京子
2人展がはじまります。 クリムトやデュ―ラーなど伝統と革新が渦巻くウインの感覚を味合っていただけるでしょう。                    
 横山一絵、神戸洋 2人展は終わりました。    ひめりんごの緑の実はふさふさと秋風にゆれ、金木犀のオレンジ色は風に舞い、秋たけなわの画廊の庭です。
 横山一絵、神戸洋 ニ人展 明日14日~19日
横山さんの陶人形と神戸洋さんの和紙、漉き絵。
 ともに栃木県益子のアーチストです。
 益子の土を使った独特の手びねりによる陶の女体トルソ。和紙、漉き絵という独自の技法を生み出した日本画を思わせる絵。陶は子犬の小品から、和紙絵は18000円位からの買いやすい作品もあります。
 安井宏門植物画展は終わりました。

植物画 四季の香りを開催中です。精緻に描かれた花の絵にみんな驚嘆の声をあげています。柔らかな色彩と正確な線描がみごとです。
 木ノ葉画廊のボタニカルアートカレンダー2014も発売中です。安井宏門のミズバショウ、も5月のカレンダーに掲載されています。
 植物画で彩るポストカードカレンダー、¥1000です。プレゼントにどうぞ。
爽やかな秋麗の空です。9月最後の日にスタートする
秋のトップをかざる高村譲展ー風の態ー旅立ちです。
  9月30日より10月5日。
真紅の炎が画面を覆うようなエネルギッシュな水彩の、大作。旅立ちのタイトルは昨年亡くなった奥様を追悼する心の表現。命を精一杯生きぬいた深い赤の色に面影を
求め画面いっぱいに描きつくしています。小品も含め19点が展示されます。秋の神田、日本橋を散歩のおりぜひ
お寄りください。秋草が咲き乱れる画廊の庭です。
  

ニューヨークインスピレ―シオン展終わりました。
ニューヨークインスピレ―シオンー6人展が始まっています。14回を重ねてきたグループ展。マンハッタンの
 水彩風景画、人物の油彩画、軽やかな陶作品、天に
登る龍の動画、などニューヨークムード溢れたアート
をお楽しみください。
          


 9月2日のニューヨークインスピレ―シオン展オープン


目に心に涼しさいっぱいの画廊の空間へどうぞ。
 渡辺祐司の富士山シリーズ木版画。水辺の風景。
 千葉比呂子の透明に輝くアクリルペンダントなど。
 版画は恒例夏の特別セールで超お得プライス。
 涼みにいらしてね。



 7月は恒例、風景の水彩画展です。今年も優れた水彩画を集めて開催中。
 風景の水彩画展ー光、風、空間ー
7月8日~20日 14日休み。
 水彩画をはじめた人にもこれから挑戦の人にも参考になるでしょう。水彩画集、技法書、も販売します。
 6人の参加画家はそれぞれに描き方も絵の具もことなります。会場で画家に会えるチャンスもあったらたずねてみるのもたのしみですね。